子供の入園式でママが着るスーツははどんなコーディネートをしたらいい?

20代~40代の方におすすめな服装をご紹介

女性

年代別の服装

お子さんの入園式でスーツを着る際、周りのお母さんがたに合わせようとするあまり、自分の年齢に合っていないコーディネートをしてしまい、失敗してしまう方も少なくないのではないでしょうか。こちらでは、20代・30代・40代といった年代別のおすすめのフォーマルなスーツや、清楚なスーツの選び方、華やかでも落ち着きのあるコーディネートについてご紹介します。

READ MORE

入園式のスーツについて

ウーマン

バッグやヒールは黒でなくてもかまいません

お子さんの入園式では、お母さんがたは清楚で落ち着いた雰囲気のあるフォーマルなスーツを選ばなくてはなりません。しかし、バッグは黒を選ばないといけないということはありません。自分で選んだスーツのカラーに合わせてバッグの色も変えてみましょう。モノトーンのコーディネートなら黒のバッグでも合わせやすいですが、淡いピンクやクリーム色のスーツにはベージュなどの明るめカラーのバッグを合わせてみてはいかがでしょうか。また、ヒールも同じく黒でなくても構いません。ヒールも明るめのカラーにし、少し華やかさをプラスしても良いでしょう。しかし、濃いピンクや蛍光色など、派手すぎるものは良くないので気をつけるようにしましょう。もしスーツが真っ黒のコーディネートになってしまっても、バッグのカラーやヒールのカラーを明るくするだけでも華やかに見せることができるのではないでしょうか。ネックレスやコサージュなどのアクセサリーを使っても華やかさをプラスすることができるので、おすすめです。

メイクや髪型について

メイクはどの年齢にも関わらず、ナチュラルメイクになるよう意識しましょう。入園式は華やかなコーディネートがいいですが、あまり派手すぎてはいけません。メイクも同じく派手すぎないものにしましょう。つけまつげや、濃いアイラインもなるべくしないようにし、口紅も真っ赤なものや派手なカラーは避け、濃すぎないものを選ぶと良いでしょう。華やかなコーディネートといっても、派手にしたらいいというわけではないので、清楚で華やかというイメージがつくれるように意識すると良いでしょう。髪の毛も同じで、多少明るい程度なら問題ありませんが、金髪に近かったり、カラフルなカラーでは変に目立ってしまうので染めるとしても落ち着いたカラーにしましょう。髪型も、あまり巻きすぎるのは避けたほうが良いでしょう。ゆるく巻いたり、後ろに一つに束ねたりしてみてはいかがでしょうか。スーツのタイプに合わせ、髪型も変えることでおしゃれなママを演出できますね。また、ネイルもシンプルなものをおすすめします。お手入れのみにするか、ベージュや淡めのカラーでおさえ、デザインなどは入れないようにしましょう。

[PR]

入園式のスーツなら着回しできるアイテムで決まり☆
シーンごとに雰囲気を変えられるアイテムを厳選特集!

ショートブーツは通販サイトで買おう
カワイイアイテムを多数掲載